花粉症の治療法で一番手軽な薬物療法

 

内服薬

花粉症の治療法において、一番手軽な選択肢といえるのが薬物療法です。

 

薬の種類にもよりますが、近くの薬局やドラックストアなどで薬を購入することで治療を始められて、必ずしも医療機関へ通院する必要はないというのが大きな特長です。

 

花粉症は、症状を起こすメカニズムが多段階に及んでるため、症状を改善させるアプローチの仕方も多岐に渡ります。

 

その結果、花粉症の薬は非常に種類に富んでいます。

 

あなたの症状の程度などにあった薬を上手に使いこなしましょう。

 

 

広く普及している抗ヒスタミン薬

 

花粉症の症状を抑える薬として広く普及しているものに抗ヒスタミン薬があります。

 

抗ヒスタミン作用

 

花粉症をはじめとする各種のアレルギー症状は、からだの中で様々な反応を順次に経ていくことによって鼻水などの炎症症状が引き起こされます。

 

この反応の過程の中に、肥満細胞がヒスタミンを放出して、ヒスタミン受容体がそれを受け取るというものがあります。

 

抗ヒスタミン薬は、この肥満細胞とヒスタミン受容体の間のやり取りの邪魔をすることで症状を抑えるのです。

 

まず、ヒスタミン受容体がヒスタミンを受け入れるしくみは、よくカギとカギ穴の関係に例えられます。

 

この場合、ヒスタミン受容体がカギ穴で、ヒスタミンがカギにあたります。

 

つまり、ヒスタミン受容体は、ヒスタミンが持つ特徴的な形をもってはじめて反応が成り立つのです。

 

しかし、ヒスタミン受容体は必ずしもヒスタミンのみと結びつくというわけではありません。

 

ヒスタミンと似た形状を持つ物質とも誤って結びついてしまうこともあるのです。

 

このヒスタミンと似た形を持つのが抗ヒスタミン薬なのです。

 

つまり合いカギの役目を果たすわけです。

 

ただし、ヒスタミンすなわち本当のカギと大きく異なるのは、この合いカギはカギ穴に挿すことはできますが、回してドアを開けるなどといったことはできません。

 

つまりアレルギー反応までは起こさせないのです。

 

抗ヒスタミン薬がヒスタミン受容体と結びつくことができる一方で、カギ穴であるヒスタミン受容体の数には限りがありますので、抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンにとって競合関係にある邪魔な存在ということになります。

 

まとめると、抗ヒスタミン薬を服用したときに、ヒスタミンと抗ヒスタミン薬の間で早い者勝ちのイス取りゲームのような状態になり、本来ヒスタミンと結びつくはずだったヒスタミン受容体が、抗ヒスタミン薬と結びついてしまうことによって結果的に花粉症の症状を和らげるのです。

 

このはたらきを抗ヒスタミン作用といいます。

 

ちなみに、ヒスタミン受容体はタイプ別にH1〜H4までありますが、花粉症をはじめとしたアレルギー症状に深く関係してるのはH1のタイプです。

 

花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬もこのタイプに対応したものとなっています。

 

登場時期で分かれる第一世代と第二世代

 

ここまで説明してきた、ヒスタミン受容体と結びつくというはたらきは、すべての抗ヒスタミン薬が共通して持っているものです。

 

抗ヒスタミン薬は、登場時期で第一世代と第二世代とに分けられていますが、大部分の第二世代抗ヒスタミン薬には先のはたらきに加えて、ケミカルメディエーター遊離抑制作用、または抗アレルギー作用とよばれるはたらきも併せて持っています。

 

ケミカルメディエーターは化学伝達物質のことで、ヒスタミンがこれにあたります。

 

ケミカルメディエーター遊離抑制作用とは

 

抗ヒスタミン作用は、ヒスタミンがすでに肥満細胞から放出されている状態に対してはたらきますが、ケミカルメディエーター遊離抑制作用は、肥満細胞へはたらきかけてヒスタミンの放出自体を抑え、より前の段階からアレルギー反応を留めようとするものです。

 

ただ、抗ヒスタミン作用は即効性に優れ、花粉症の症状が出てから服用しても十分に効果を実感することができますが、ケミカルメディエーター遊離抑制作用は、その効果を発揮させるまでに数日を要するという欠点があります。

 

このような理由から、花粉症の薬は症状が出る前から早めに服用しておく方がよいとよくいわれます。

 

ですがこれは、あくまでより望ましいということだけであって、症状が出てきてから服用しても、後から同じように遊離抑制作用の効果は出てきますので安心してください。

 

一部の第二世代の抗ヒスタミン薬は市販薬としても購入可能

 

また、第二世代の抗ヒスタミン薬は高い効果を持つ、副作用が少ないといった、第一世代のものと比べて多くのメリットがある一方で、登場以来、長年処方薬としてのみ提供されていました。

 

ですが、規制が緩和されて、一部の薬がスイッチOTCという形で市販薬としても購入することができるようになっています。

抗ヒスタミン薬の副作用

 

抗ヒスタミン薬の副作用として広く知れ渡っているものに、強い眠気を引き起こすという作用があります。

 

この副作用は、第一世代の薬を服用したときに特に強く現われますので特に注意が必要です。

 

その鎮静作用を逆に利用した睡眠導入剤もあります。

 

これに対し、第二世代の抗ヒスタミン薬は、比較的眠気を誘う作用が弱いという特長があり、中でもアレグラ、クラリチンなどは、薬の説明書きの中に、他の抗ヒスタミン薬には記載されている車の運転に関する注意がありません。

 

メーカーの白信の表れともいえます。

4>ロイコトリエン拮抗薬

 

抗ヒスタミン薬のように、錠剤として服用するタイプの花粉症の薬としては、他にロイコトリエン拮抗薬というものがあります。

 

ロイコトリエンもヒスタミンと同じく、肥満細胞から放出される化学伝達物質の一つで、やはり花粉症をはじめとしたアレルギー反応に深く関わっていて、症状を起こすメカニズムもヒスタミンと類似したものになります。

 

ヒスタミンのケースと同様に、抗ヒスタミン作用のようにはたらくものと、ケミカルメディエーター遊離抑制作用のようにはたらくものがありますが、それらをまとめて一般にロイコトリエン拮抗薬とよばれています。

 

この薬は、同じアレルギー疾患の気管支ぜんそくの治療薬としても広く使われているものです。

 

ヒスタミンが主に鼻水やくしゃみを引き起こすのに対して、ロイコトリエンは鼻づまりの症状と深く関係しています。

 

ですので、花粉症の症状の違いに応じて、これらの薬を使い分けるとよいでしょう。

強い効果を得られる血管収縮薬

 

症状がひどいときや、抗ヒスタミン薬、ロイコトリエン拮抗薬で症状が改善しないときには、血管収縮薬やステロイド薬を使用します。

 

血管収縮薬は、アドレナリン受容体を介して交感神経系を刺激し、血管を収縮させるはたらきを持ちます。

 

血管が収縮すると鼻の腫れが引きますので、鼻づまりがひどいときに用いられます。

 

強い効果を得られますが、連用すると効き目が弱くなるという欠点がありますので使用の際には十分に注意してください。

 

この血管収縮薬は、一日に何回まで、連続しての使用は大体一週間くらいまでといったように、使用回数や使用期間が他の薬にはない制限が加えられています。

 

このように使用頻度における制限があるのは、交感神経系に作用する薬に共通して広くみられる特徴です。

効果が他の薬と比べて非常に強力なステロイド薬

 

ステロイド薬は花粉症だけでなく、各種アレルギー症状を改善させる目的で幅広く使われ、その効果も他の薬と比べても非常に強力なものになっています。

 

この薬は、ステロイドホルモンが持つ、からだの免疫システムのはたらきを抑制させる作用を利用して花粉症の症状を鎮めるのです。

 

ステロイドは、からだの中で分泌される箇所に由来して副腎皮質ホルモンとよばれることもあります。

 

薬の表記では後者の方が一般的です。

 

薬に、〜用副腎皮質ホルモン剤と書いてあるものはステロイド薬ということになります。

 

ステロイド薬の副作用について

 

ステロイド薬については、高い効果が得られる一方で、副作用について心配される方もいらっしゃるかも知れません。

 

確かに、飲むタイプの錠剤や注射薬として使われた場合は、吸収されたステロイドホルモンが血流に乗って全身に行き渡ることで強い副作用を引き起こす危険性があります。

 

しかし、点鼻薬としてつかわれた場合には、血流を介することなく、症状がある部分にダイレクトに作用するので、副作用の心配はほとんどありません。

 

仮に薬がからだの中へ吸収されたとしても、からだに吸収される量もきわめて微量になります。

 

これは、そもそもの投与に必要なステロイドホルモンの量が、症状がある部分に直接作用するために、錠剤や注射薬を使う場合のときと比べて少ない量で済むからです。

 

吸収されたステロイド成分は、ただちに肝臓で処理されるためにほとんど副作用の影響はないので、点鼻薬タイプのステロイド薬の副作用についてはそれほど心配する必要はありません。

鼻水や鼻づまりといった症状には点鼻薬

 

花粉症の薬には、薬局やドラックストアなどで手軽に購入できることから、口から飲むタイプが一般的ですが、鼻や目といった、症状が起きている箇所へ直接投与するタイプの薬もあります。

 

この場合、鼻水や鼻づまりといった症状には点鼻薬、目のかゆみや涙などには点眼薬を投与することになります。

 

点鼻薬について作用する原理から分類すると、抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、血管収縮薬、ステロイド薬といった具合に大きく4つの種類に分けられます。

 

抗ヒスタミン薬は速効性があるので、症状が出てから投与しても十分に効果を期待できます。

 

ケミカルメディエーター遊離抑制薬は予防的に用いられるものですが、長期に渡って連用しても副作用がほとんどないという利点があります。

目のかゆみや涙などには点眼薬

 

点眼薬

点眼薬については、主に抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエーター遊離抑制薬、ステロイド薬の3タイプに分けられます。

 

これらの薬のはたらきについては、点鼻薬のものに準じたものとなりますが、副作用について一つ注意すべき点があります。

 

ステロイドの点眼薬は、眼圧の上昇を招くことがあります。

 

眼圧が上がると緑内障のリスクを高めることになりますので、長期に渡っての使用は好ましくありません。

 

非ステロイドタイプの抗炎症薬もありますが、こちらも長期間使用すると、目の角膜に障害を起こすおそれがありますので、薬による効果と副作用をよく吟味した上で使い分けることが望ましいといえます。