花粉症の根本を治療する減感作療法

 

減感作療法は、今現在唯一の、花粉症における根本的な治療法です。

 

皮下注射、舌下免疫療法のいずれの減感作療法に共通するのは、治療を開始してすぐに効果を実感できるものではなく、定期的な治療行為を欠かさずに長期間おこなうことで成果を得られるものです。

 

ですので、治療の途中であきらめないという本人の根気の強さも必要になってきます。

 

これらのことを踏まえた上で、患っている花粉症の症状の程度やご自身の性格などとよく相談して治療を受けるか判断されるのがよいといえます。

薬物療法をはじめとした大半の治療方法は対症療法

 

薬物治療をはじめとした、花粉症の治療法の大半は対症療法というものです。

 

これらは、からだの中の花粉に対してのアレルギー反応によって起こる症状に対して、反応の途中経路を遮断したり、反応を経て出てくる症状を抑えることに特化した治療法です。

 

無論これらの治療法も有用なことには変わりないのですが、花粉症の入り口部分にあたる、花粉に対してからだが反応することによって起こる花粉症のはじまりを防ぐことはできません。

 

例えるなら、雨漏りが生じている家で落ちてくる水滴をバケツなどで受けとめているような状態です。

 

ですので、これらの治療法は継続的に行うことが基本となります。

根本的な治療法に最も近い減感作療法

 

対症療法に対して、からだが花粉と反応しなくなるように、からだのしくみを変えて、花粉症を治すというのが根本療法です。

 

花粉症の入り口となる部分を元から絶つのがこの治療法です。

 

治療が成功すれば、投薬や通院から解放されるという利点があります。

 

これを、先のケースで同様に例えると、雨漏りが生じている箇所を補修して直すことで雨漏り自体をなくすことにあたります。

 

この根本的な治療法に最も近いものとよべるのが減感作療法です。

減感作療法の原理と概要

 

花粉症は、からだの中に入ってきた花粉を、免疫システムが異物とみなしてアレルギー反応が起こることによって始まります。

 

減感作療法は、この花粉に含まれているアレルギーを引き起こす成分を、症状が起きない程度の量でからだの中へ取り込ませ、徐々にからだを花粉に反応させないようにする、つまりからだを花粉に慣れさせるというものです。

 

長年常に蚊に刺され続けた人は、蚊に刺されてもかゆくなくなるという話がありますが、これも一種の減感作療法ともいえます。

 

また、この治療法は花粉症だけでなく、同じくアレルギー疾患の気管支ぜんそくの治療法としても選択肢に入れられています。

 

ただ、本来は花粉症すなわちアレルギー反応の元となる成分をからだの中へ取り込むわけですから、その扱いは慎重になる必要があります。

 

投与する量を誤れば当然アナフィラキシーショックの危険性も生じますし、そのような場合は当然治療行為も一時中断せざるを得ません。

 

注射で投与

ですので、治療の開始直後はきわめて微量の成分を注射し、徐々にその量を増やしていくといった治療法となります。

 

また、投与の前後に激しい運動などをすると、血流が活発になることによって副作用のリスクが高まりますので注意が必要です。

画期的ともいえる治療法!!舌下免疫療法

 

今ある治療法の中で、唯一根本的に花粉症を治せる可能性がある減感作療法ですが、長期間定期的に通院するのがわずらわしい、注射の痛みに抵抗があるなどの理由で二の足を踏まれていた方も多いかと思われます。

 

ですが、最近になって新たに舌下免疫療法という、画期的ともいえる治療法が、しかも保険診療で登場してきました。

 

従来の減感作療法が、皮下注射によって花粉の成分をからだの中へ取り入れていたのに対し、この新しい治療法は、食パンに花粉の成分を含んだエキスを浸したものを舌の裏の部分に挟むという、注射による痛みなどを伴わない、自宅で手軽に治療行為ができるなどの利点があります。

 

副作用についても、注射の場合と比べておだやかに済む傾向にあります。

 

仮に副作用が出たとしても、注射のときのように全身に渡って起こることはきわめてまれであり、多くは、口のかゆみやむくみといった、投与部分の口まわりに現れるにとどまります。

 

また、投与する量を徐々に増やしていくといった細かい調整をする必要がなく、ほぼ最初から一定量でおこなうことができるという利点もあります。

 

この良いことづくめにも思える舌下免疫療法ですが、現在のところスギ花粉のみを対象としていますので注意してください。

減感作療法にまつわる事故

 

これらの療法は花粉症の根本から治すことが期待できる一方で、本来ならアレルギー反応を起こす原因となる花粉をからだに取り込むわけですから、その取り扱いは慎重にならなければなりません。

 

ですが、過去にこの減感作療法をサプリメントを使った民間療法で行おうとして事故につながったケースがあります。

 

スギ花粉の入ったカプセルを飲んだ女性がその後意識不明になったというものです。

 

この場合、過剰な量の花粉成分を取り込んだことでアナフィラキシーショックを起こしたものと思われます。

 

これは決してまれにではなく当然起こりうる事態なのです。

 

減感作療法に使われる花粉エキスは、単にスギ花粉から成分を抽出するだけではなく、何度も治験という、安全性を確認するための作業を経ることによって、はじめて多くの人が安心して投与できるものになるのです。

 

減感作療法を受けたいと思われている方は、必ず医療機関を通じて行うようにしてください。

 

また、「〜の花粉エキス入り」と銘打った健康食品やサプリメントの類を購入する際には、減感作療法をうたったものでないか特に注意してください。