あなたに変わって花粉症の治療法を調べました

 

今や国民病ともいえる花粉症ですが、花粉症が起こる仕組みはご存知でしょうか?

 

花粉症は、からだの中に入ってきた花粉を異物とみなすアレルギー反応が起こることによって起きる病気です。

 

よって花粉症は、花粉に特に反応するアレルギー性鼻炎、結膜炎という見方もできます。

 

花粉はその種類に応じて、特有のたんぱく質成分をそれぞれ持ち、からだの中へ侵入すると、その特有のたんぱく質成分が溶け出し、マクロファージという、白血球の一種に食べられます。

 

マクロファージからは、食べたたんぱく質成分がどういうものなのかという情報が、リンパ球のヘルパーT細胞を介して、同じくリンパ球であるB細胞へ伝わります。

 

B細胞は受け取った情報を元にIgE抗体というものを作ります。

 

B細胞によって作り出されたIgE抗体は肥満細胞というものの表面に取り付きますが、この取り付いたIgE抗体は、花粉を繰り返し取り込むことによって蓄積されていきます。

 

杉林

この、肥満細胞に取り付いたIgE抗体が一定量に達したとき、新たに取り込まれた花粉に対して、IgE抗体の反応が顕著にみられるようになります。

 

そして、肥満細胞から、ヒスタミンをはじめとした各種の炎症物質を放出し、花粉をできる限り体外に出そうとします。

 

これが花粉症の症状となってあらわれるのです。

 

花粉症の知識を深める

 

花粉症の症状

 

花粉症の4大症状

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ

 

これら4大症状の他に、目の充血、涙目、咳、微熱、倦怠感、頭痛などの症状が現れることがあります。

 

症状が似ているけどこれって花粉症?

花粉症の治療法

 

花粉症治療においては大きく分類すると、対処療法であるレーザー治療、薬物療法と、根本療法である減感作療法があります。

 

対処療法とは病気の症状に対し消失、または和らげる治療法です。

 

それに対し、根本療法は病気の原因を取り除いたり治したりする治療法になります。

 

あなたの症状や生活環境によって一番良いと思われる治療法を検討してはいかがでしょうか?

 

一番手軽な薬物療法

 

薬物療法は花粉症を元から絶つというものではありませんが、昔から内科的治療に主眼が置かれていて、少ない通院数で投薬いらずという特長がある、一番手軽な選択肢といえるのが薬物療法です。

 

薬物療法のメリット

  • 薬の種類にもよりますが、薬局やドラックストアなどで薬を購入して治療を始められる
  • 必ずしも医療機関へ通院する必要はない

 

花粉症の治療法で一番手軽な薬物療法

薬代を節約する2つの方法

 

少ない通院数で投薬いらずのレーザー治療

 

レーザー治療も、花粉症を元から絶つというものではありませんが、少ない通院数で投薬いらずという特長があります。

 

鼻の粘膜を外部から傷をつけるなどによって、鼻粘膜の機能を低下させることで花粉症の症状を緩和させるものです。

 

外科手術ではありますが入院することなく外来で施術が可能です。

 

レーザー治療のメリット

  • 出血や痛みが少ない
  • 通院回数が少なくて済む
  • 薬を飲み続ける必要がない

 

投薬いらず?花粉症のレーザー治療

 

減感作療法

 

対症療法であるレーザー治療、薬物療法に対して、からだが花粉と反応しなくなるように、からだのしくみを変えて、花粉症を治すというのが減感作療法です。

 

花粉症の入り口となる部分を元から絶つのがこの治療法です。

 

最近になって、スギ花粉のみ対象ですが舌下免疫療法という、画期的ともいえる治療法が、しかも保険診療で登場してきました。

 

減感作療法のメリット

  • 治療が成功すれば、投薬や通院から解放されます

 

花粉症の根本を治療する減感作療法

日常生活でおこなえる予防策

 

まず、花粉をからだの中になるべく取り込ませないことが重要です。

 

外出時にはマスクが必須

 

マスクの着用は、インフルエンザ対策などで疑問視されることもありますが花粉症対策においては間違いなく有効です。

 

ウイルスや細菌などに比べて花粉のサイズは大きいので、市販のマスクで十分侵入を防ぐことができます。

 

昔ながらのガーゼマスクもよいですが、すき間からの花粉の侵入を考慮すると、顔の形に合わせて外枠を曲げることができる不織布タイプのマスクがより好ましいでしょう。

 

マスクを着用する際には、外枠部分を鼻の形に合わせてちゃんとフィットさせておくことも忘れないようにしましょう。

 

眼鏡はゴーグルのようなタイプがより花粉の侵入を防げる

 

眼鏡については、ゴーグルのように目の周りとフレームの間にできるすき間を樹脂で埋めたタイプのものも市販されています。

 

マスクとメガネ

密閉性を高くすることで、目からの花粉の侵入を防げる他に、曇り防止や紫外線カットといった加工を施した製品も多く、付加価値にも優れています。

 

普段使われるものと比べると少々目立つのが難点といえますが、目の症状が特にひどいといった方などは、その効果を試してみる価値は十分にあるでしょう。

 

花粉を家の中に持ち込まない工夫を

 

家の中での生活にも気を配りましょう。

 

帰宅時に服に付いた花粉を払い落とす、洗濯物はなるべく部屋干しで済ますなどの対策がまず挙げられます。

 

布団乾燥機の使用、部屋の中に日光を取り入れて干すといった、屋内で完結するような方法が一番好ましいのですが、やむなく外に出して干す場合でも、対策次第で花粉のリスクを減らすことが十分可能です。

 

日が昇って気温が高くなるとともに、より布団もふかふかになりますが、花粉の飛散量も増え、当然布団に付着する量も増えてきます。

 

ですので、布団を家の中に取り込んだら掃除機をかけて花粉を取り除きましょう。

 

ハンディタイプのクリーナーがあれば、事前に外でかけておくのもいいでしょう。

 

静電気関連グッズも有効です。

 

静電気による花粉の付着を防ぐ帯電防止スプレーも有効ですし、逆に静電気の力で、家の中の花粉を集める空気清浄機もあります。

 

また、スギ花粉が飛散する時期は、まだ暖房器具を使う機会もあるかと思われますが、この場合、定期的な換気が必要な石油やガスを使用するものよりも、換気不要な電熱器具の方が望ましいでしょう。

 

家の中で花粉が舞い上がるのを防げることからも加湿器の使用がいいでしょう。

 

都市化と花粉症の関係性

食生活の改善は花粉症対策になるのか?